So-net無料ブログ作成
検索選択

積丹半島イカ釣りツアー [釣り]

今日のイカ釣りはすごい!
メチャ楽しい!

こんないいイカ釣れました!
というわけで詳細をどうぞ。

7月3日、仕事が終わってから10時過ぎに札幌を経ち、
積丹半島にある兜千畳敷と呼ばれる釣りの聖地(勝手な想像)に行きました。
メンツは小樽イカ釣りツアーと同じく、A君、Nさんとのトリオです。
しかも、今日も天気は最高!

なぜ、この場所になったかというと、理由は簡単。
一人当たり100杯以上も釣れたんだって!6月30日に!
しかも、餌がなくなったからやむをえず帰ったそうです。
これは遠いけど行くしかないね!
A君、Nさんにもその情報を吹き込んでその気にさせて、
行く?行きたい?じゃあいこうか!
という感じで行くことになりました。


漁場までは3時間。
泊村までくると、沖でイカ釣り漁船の集魚灯がまぶしく光っているのが見えます。
そのせいで、街灯のないような海岸でもぼんやりと岩の輪郭が見えていました。
現場に到着すると、まずは車から降りて海の方を見下ろし、釣り人がいるかチェックします。
すると、10人ほどのおっさんたちがいるではないですか!
車から荷物を降ろし、ごつごつした岩場を通って降りていき、岩場の先端に構えます。

Nさんは前回のイカ釣りで味をしめ、小樽にもう一回行っていたそうです。
そのせいか、自分で着々と準備をすすめています。
A君には師匠として準備を指導し、送り出してから自分の準備です。
と、そんなことやっていたらNさんが一杯目ゲット!
早い!ちょっと待ってくれ。
自分もいそいで準備して参戦。
と、そんなことしてたらすぐに自分もゲット!

ここはなんてすばらしい場所なんだ・・・。
ありがとう。
いやいや、まだA君釣ってなかった。
と、A君もすぐにヒット!
これで今日は3人ともボウズはなしです。

順調に釣り上げるA君Nさん。
一方僕は・・・
なんと仕掛けがぶっとんで行ってしまった(涙)
しかし、そんなことではあきらめません。
代わりにエギを使って仕掛けを作り、おんなじように続けました。
でも、来たと思ったらバレてしまったりでなかなか釣れず、
その仕掛けで釣れたのは1杯だけ。
A君に貸した仕掛けも針が一部取れてしまうというトラブル。
いやー、これは実は5年くらい前に買ったしかけなのよね。
新しいの買わなきゃだめね。
でも、A君はゲットし続けてました。

結局、僕3杯、A君6杯、Nさん8杯ということでNさんの優勝。
でも一番すごいのは隣で釣ってたおじさま。
「クーラーボックスいっぱいになったから釣れたらやるよ。俺は釣るのが楽しいんだ。」
と言って、譲ってくれたイカはおそらく15杯くらい。
そのおじさまにはもっと早く来いと言われました。
ありがとう、おじさま。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 1

さすけんち

実は、このときブユ(正式な名前は知りませんが)がたくさんおり、みんなかなり襲われました。
服の中に侵入するのか、服の上から刺してくるのか、股とか背中まで刺されてます。
Nさんは足がパンパンに腫れたりでかなりのダメージでしたが、僕はちょっと痒くなって、刺された跡が点状に赤い程度で済みました。
刺されやすい人、腫れやすい人は要注意ですね。
A君は大丈夫だったのだろうか?
by さすけんち (2007-07-07 14:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

関連リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。